2018年8月6日月曜日

情報保護モードの使い方2:2段階認証付きメールを送る/受信する


情報保護モードの使い方1:情報保護モードを有効にしてメールを送る/受信する」 では、Gmailの情報保護モードについて説明しました。また、情報保護モードを有効にしてメールを送信/受信する方法も説明しました。

今回は、さらにセキュリティの高い2段階認証付きのメールを送信/受信する方法を説明します。具体的には、相手の携帯電話の番号を入力し、ショートメールサービス(SMS)にパスコードを送って認証する方法となります。

●SMSパスコード付きのメールを送信する


▼メール作成のウィンドウで、宛先、件名、本文を設定したら、[情報保護モードをオン/オフにする]をクリックする。



▼メールの有効期限を設定したら、[SMSパスコード]を指定して[保存]をクリックする。



▼[送信]をクリックする。



▼相手の携帯電話の電話番号を入力して[送信]をクリックする。



●SMSパスコード付きのメールを受信する


2段階認証付きのメールを受信する側の操作は、次のようになります。操作方法はGmailでも、Gmail以外のメールサービスでも共通です。

▼メールの本文を表示したら、[メールを表示]をクリックする。



▼別のタブが開いてこのようなメッセージが表示されるので、[パスコードを送信]をクリックする。



▼携帯電話のSMSに送られてきたパスコードを確認し、入力したら、[送信]をクリックする。



▼メールの内容が表示される。情報保護モードで送られたメールなので、コピーや転送、印刷などはできない。


以上が2段階認証付きのメールを送信/受信する方法です。より機密性の高いメールを送るときは、ぜひ活用しましょう。

なお、なぜこの方法がより安全なのかは、相手のメールアカウントが乗っ取られた場合を考えると分かります。乗っ取られているので、最初のメール([メールを表示]というボタンが含まれているメール)は、乗っ取った犯人に届きます。しかし、その犯人が[メールを表示]をクリックすると、携帯電話の持ち主にSMSパスコードが送られるので、犯人はパスコードが分からず、メールの内容を見ることはできません。なので、携帯電話まで犯人に盗まれてしまったらアウトです。念のため。

0 件のコメント:

コメントを投稿