2018年9月7日金曜日

Outlookみたいに選択メールの内容を右側や下側に表示する

メールソフトの中には、選択したメールの内容が同一ウィンドウ内に表示されるものが少なくありません。たとえば次はOutlookですが、中央で選択したメールの内容が、右側に表示されています。

▼Outlookでは、中央で選択したメールの内容が右側に表示される。



一方、Gmailの場合、最初に表示されるのは受信トレイのメール一覧だけです。そこには差出人、メールの件名、本文の冒頭部分が表示されます。

しかし、ちょっと設定を変えるだけで、Outlookのように選択したメールの内容を右側や下側に表示させることも可能です。設定方法は次のとおりです。

1.右上の[設定]をクリックしてメニューを開く。
2.[設定]を選択する。



3.[詳細設定]を選択する。
4.[プレビューパネル]で[有効にする]を選択する。



5.設定画面の左下にある[変更を保存]をクリックする。


以上で、画面右上にウィンドウを分割するボタンが表示されます。このボタン右端の[▼]をクリックするとメニューが表示され、[垂直分割]を選択すると右側に、[水平分割]を選択すると下側にメールの内容が表示されるようになります。また、[分割なし]を選択すると元に戻ります。

▼右上にウィンドウ分割用のボタンが追加される。



▼[垂直分割]を選択すると、右側にメールの内容が表示される。



▼[水平分割]を選択すると、下側にメールの内容が表示される。



なお、ウィンドウ分割用のボタンをクリックすると、分割状態(垂直/水平)と分割されていない状態が交互に切り替わります。

個人的には、この機能はあまり使っていないのですが、表示面積の大きい高解像度のディスプレイで利用する場合は、けっこう便利かもしれません。また、GmailをOutlookライクに使いたいという方にも、おすすめのカスタマイズかもしれませんね。


0 件のコメント:

コメントを投稿